liflaのブログ

様々な悩みを解決に導くモノを紹介していきます!

ランニングマシンで走るデメリットは?室内で走るデメリットをまとめました!

多くの方を悩ませておりダイエットするためのツールとして用いられているランニング。ダイエットに興味のある方ならばジムなどの室内でランニングマシンで走ることを検討した方も多いと思いますのでランニングマシンで走ることのデメリットをまとめてみました!!

f:id:TBT:20190613180834j:image

www.di-mc.com

 

ランニングってめちゃくちゃしんどいですよね・・・よく言われることでランニングで痩せるためには20分間全力で走らなければならない・・・そうしないと脂肪燃焼に至らないということで20分間ハイペースで走ることは室内でもランニングマシンでも慣れるまで大変です。

 

私事で恐縮ですが私は今トレーニングジムを約7年間続けています。その中でランニングはトレーニングジムで30分間12.5キロの速度で行っています。そして現在は外では走っていないのですが学生時代に実家で住んでいた時は近所の公園でも走っていました。

 

その時は約1キロの一周を30分間程度で5週走っていましたね。外で走るのは週に一回程度でしたが走るスピードは個人的にはランニングマシンの方が速かったです。速ければいいわけではないですが、走りやすさで言うとランニングマシンの方が何倍もいいと思います。

 

ちなみにですが私は運動が苦手です。レーニングジムを7年間続けてるなどとほざきましたが運動神経なんてないに等しいし、学校の体育の授業などはかなり憂鬱でした。しかしダイエットしようと思ったのと個人的に格闘技が好きで自分もこんな身体になりたいなと漠然と思いトレーニングしているとなんだかトレーニングしてることが当たり前になってしまいました笑。

 

話がそれてしまいますが私は社会人で一人暮らしをしています。トレーニングジムは最寄りの駅で通っておりほとんど毎日仕事終わりに通っています。毎週木曜日はジム自体がお休みなので通えないのですがそれを除くと基本的にはジムに通って筋トレかランニングの有酸素運動をすることになりますね。

 

もちろん予定があったりすることがありますしたま~に体調を崩してしまったり怪我をしてしまった場合はお休みをします。ただ流れとしては週4回ランニングをすることが基本で二日間ランニングをして1日休む。これが基本ですね。

 

別に自慢でもなんでもないのですがずっとランニングを続けてきたからか入社する前の健康診断でスポーツ心臓と診断されました笑。これは病気でもなんでもなく有酸素運動を続けているマラソン選手などに多く見られる心臓が大きくなり血液を体に送る量と回数がそこまで多くなくていいため脈拍が下がります。

 

別に日常生活に支障もないですしこの話をすると小さなプラスがあります。それはみんなからやたらとすごい人と思われることです笑。そんなことはないのですがランニングをしているとこのように目に見えて結果が出ることもあるんですね。

 

そんな私はもう7年間ランニングマシンでランニングしていることになります。なので皆さんにランニングマシンで走ることのデメリットをアドバイスさせていただきたいと思います!!

www.di-mc.com

 

室内でランニングマシンで走るデメリット

 

 ①景色が変わらない

f:id:TBT:20190613180850j:image

 室内でランニングするデメリットとして挙げられるのは景色が変わらないことです。これは結構きついです。走ってる実感というものとか走り切った後の達成感は外で走ったほうが味わいやすいです。

 

 走っても走ってもゴールがないため人によってはかなりきついです。肉体的にというよりは精神的にかなりきついです。これはモチベーションに直結することなので向いてるか向いてないかはかなりあるかもしれないですね。

 

一方で外で走る場合には景色が常に変わりますよね。私は外で走っていたころ近所に大きな公園がありランニングコースもありました。その公園を一周走るのに大体6分くらいかかるのですが私はそこを5周していました。すると景色が常に変わるので気分的にはずいぶんと楽でしたね。

 

景色が変わる方がランニングしていて前に進んでいる感じがするので気分が前向きになりやすいです。ランニングマシンだと例え全力で走っても景色は一向に変わりません。いくら走っても目の前にあるのが同じ景色なので前を向いて走るのは結構しんどいです笑。

 

また、外で走る場合はランニングして帰るとすぐにシャワーを浴びれます。トレーニングジムだと自分専用のものではないためどうしても待ち時間が発生することもあります。これがちょっとネックとなる場合もありますね。。。

 

②コストがかかりやすい

f:id:TBT:20190613180908j:image

  室内でランニングするデメリットとして挙げられるのはコストがかかりやすいことです。基本的にランニングマシンで走るとなるとトレーニングジムで行うことが多いと思います。そうなるとトレーニングジムは月々10000¥程度しますのでコスト面は結構あります。

 

もちろん他のこともできるのでメリットはあるし対価に見合うものはあるのですが敷居はかなり高いですよね。自分の家に買うとなるとスペースも占めることになるし単価も高いです。少し金銭面に余裕のない方だと苦しいかもしれませんね。

 

一方で外で走る場合はランニングシューズとトレーニングウェアがあればOKです。夏冬用上下2枚セットで買うと大体2万円くらいかなと思いますがずっとジムに通い続けるよりも圧倒的に安いですよね笑。ランニングするだけなら間違いなくジムに通うより外で走ったほういいと思います。

 

③隣で走る人と距離が近い

f:id:TBT:20190613180930j:image

室内でランニングするデメリットとして挙げられるのは隣の人との距離が近いことです。これはトレーニングジムで走ると思うのですができれば隣のマシンには人がいてほしくないものです。走ると息が荒くなりますし自分の汗のニオイや域のニオイが気になる方もいますよね・・・

 

そして私がよく思うことは隣で走る方の体臭がきつかったりすると結構嫌です。私の場合は30分間走るので30分間ランニングとは違う場所でも戦わないといけなくなるので精神的に苦しいですね。。。そのためできるなら一人では走りたいですがこれは共有のものなので仕方ないですね・・・

 

外で走る場合はこういうことはないです。お知り合いの方と並走することはあるかもしれませんが基本的には自分のペースで自分の感覚で走ることが可能です。走っている間にいらないストレスを感じにくく、走ることに集中できるという点では外で走るほうがいいですね!!

 

④他の人と競争ができない

f:id:TBT:20190613181013j:image

室内でランニングするデメリットとして挙げられるのは他の人と競争ができないことです。これは個人的に思うのですが追う者の心理、追われる者の心理というものがあります。追われている場合は逃げたくなりますし、追いかけてる場合は前にいる人を追い抜きたくなりますよね。

 

私なんかは目の前で自分より先に走ってる人を抜かしたくなっちゃうタイプです。しかしランニングマシンだと自分でペースを変えない限り常にペースが一定です。つまり他の人と競争するのではなく自分との戦いになります。これは慣れると何の刺激もなくなりますね笑

 

私は7年間ほとんどペースを変えずに走ってますが正直飽きました笑。正直音楽が聴けなかったら続けることは不可能だなと思いますね笑。なので音楽が聴けないときは走らないですしテレビが見れると言ってもひとりの世界で走るのは結構きついです。

 

一方で外で走る場合は他の人も誘いやすくなります。私は自分のペースで走りたいのと基本的に決めた時間に走っていたので一人で走ってたのですがやはり公園には多くの方が友人の方と走っています。慣れるまでは他の方と行くことでランニングをする義務にもなりますのでぜひ試してみてください!!

www.di-mc.com

 

まとめ

f:id:TBT:20190613181028j:image

いかがでしたでしょうか?外で走るよりも個人的にはランニングマシンで走るほうがいいのかなと思います。なぜならランニングが嫌いな私は少しでも気がまぎれるほうがいいからです笑。あまりまじめな理由ではないですがどうせやるなら少しでも楽なほうがいいと思います。

 

私はランニングがあまり好きではないです。多分これから先も好きになることはないと思います。ランニングとかトレーニングせずに痩せられるなら全然そっちのほうがいいと思います。

 

でもそんなに世の中甘くないですよね。だからこそ多くの方がランニングをすることを検討したりしていたりトレーニングジムに通うこと考えるんだと思います。ただその中で続けるということがとても難しいのかなと思います。

 

ランニングをすることは勉強することと同じかなと個人的には思います。仕事も同じですね。好きになる必要は全くないけれども頑張ってやらないとならない。これだけの話で自分のしんどいと思うことを好きになる必要性は私はないと思います。

 

こんな考え方の私でもランニングを7年間続けてきました。今でもジムに行く前は嫌ですし行きたくないですがそれでも何とか続けています。私にできて皆さんにできないことはないと思います。なのでこれを機にランニングを始めようとしている方はぜひまずはランニングを始めてほしいなと願います。

 

www.di-mc.com