liflaのブログ

様々な悩みを解決に導くモノを紹介していきます!

外で走るデメリットは?屋外で走る際のデメリットを紹介!

多くの方を悩ませておりダイエットするためのツールとして用いられているランニングは公園などを走る方がとても多いと思いますが外で走る際のデメリットをお伝えしたいと思います!!

f:id:TBT:20190705184950j:image

ランニングってめちゃくちゃしんどいですよね・・・よく言われることでランニングで痩せるためには20分間全力で走らなければならない・・・そうしないと脂肪燃焼に至らないということで20分間ハイペースで走ることは室内でもランニングマシンでも慣れるまで大変です。

 

私事で恐縮ですが私は今トレーニングジムを約7年間続けています。その中でランニングはトレーニングジムで30分間12.5キロの速度で行っています。そして現在は外では走っていないのですが学生時代に実家で住んでいた時は近所の公園で走っていました。

 

その時は約1キロの一周を30分間程度で5週走っていましたね。外で走るのは週に一回程度でしたが走るスピードは個人的にはランニングマシンの方が速かったです。速ければいいわけではないですがね。

 

ちなみにですが私は運動が苦手です。トレーニングジムを7年間続けてるなどとほざきましたが運動神経なんてないに等しいし、学校の体育の授業などはかなり憂鬱でした。しかしダイエットしようと思ったのと個人的に格闘技が好きで自分もこんな身体になりたいなと漠然と思いトレーニングしているとなんだかトレーニングしてることが当たり前になってしまいました笑。

 

話がそれてしまいますが私は社会人で一人暮らしをしています。トレーニングジムは最寄りの駅で通っておりほとんど毎日仕事終わりに通っています。毎週木曜日はジム自体がお休みなので通えないのですがそれを除くと基本的にはジムに通って筋トレかランニングの有酸素運動をすることになりますね。

 

もちろん予定があったりすることがありますしたま~に体調を崩してしまったり怪我をしてしまった場合はお休みをします。ただ流れとしては週4回ランニングをすることが基本で二日間ランニングをして1日休む。これが基本ですね。

 

別に自慢でもなんでもないのですがずっとランニングを続けてきたからか入社する前の健康診断でスポーツ心臓と診断されました笑。これは病気でもなんでもなく有酸素運動を続けているマラソン選手などに多く見られる心臓が大きくなり血液を体に送る量と回数がそこまで多くなくていいため脈拍が下がります。

 

別に日常生活に支障もないですしこの話をすると小さなプラスがあります。それはみんなからやたらとすごい人と思われることです笑。そんなことはないのですがランニングをしているとこのように目に見えて結果が出ることもあるんですね。

 

それでは外で走ることのデメリットを紹介したいと思います!!

www.di-mc.com

 

外で走るデメリット 

① 音楽が聴けない(ことが多い)

f:id:TBT:20190705185007j:image

 外で走る場合のデメリットとして音楽が聴けないことが挙げられます。正しく言うと聞けないことが多いです。ランニングマシンだと音楽プレーヤー(スマホIPOD)を乗せておくスペースがあるのですが外で走る場合は自分のポケットに入れることが基本になります。

 

もちろん最近のとレーニンウェアにもあるように腕の部分にスマホを入れるスペースがあるもののポケットに入れるとなるとランニングでアップダウンがあるためポケットからスマホが落下しやすいです。そして地面に思い切り落としてしまって画面が割れてしまう話はよく聞く話です。

 

実は私もかつて音楽を聴きながら外で走っていたのですが思い切りIPOD TOUCHを落としてしまって画面がバッキバキに・・・もちろん音楽が聴けないわけではないのですが非常に使いづらくなり自分の中で外で走るときは音楽を聴くことを辞めようと決めましたね・・・

 

このことは結構痛いです。音楽が聴けないと個人的にはリズムに乗れないし気分にも乗れません。基本的にランニングは好きではないので気晴らしが必要ですがその気晴らしに当たる音楽がないとなると結構きついです笑。僕の楽しみの一つがなくなると苦痛しか残らないですね笑。

 

② 雨の日は走れない

f:id:TBT:20190705185024j:image

 外で走ることのデメリットとして挙げられるのは雨の日は走れないことです。走れないというよりもやめておきましょう。ケガをしたり風邪ひいてしまう可能性が高くなります。私も走っているときに降り出してきたことはありましたがその場合はすぐに撤収しました。

 

雨の中走ったこともあるのですが家に帰るとびしょぬれだし正直辞めておいたほうがいいです。シューズも乾かさなきゃならなくなるし結構最悪な状態になってしまいます。外で走る場合はどうしても天気に左右されることがデメリットであると言えますね。

 

というか雨が降ってる中で走るとどうしても余計に疲れます。家に帰ってシャワーを浴びてもそこに至るまでにいろんな人からあの人何やってるんだろう?的な白い目で見られます・・・なので辞めておきましょうね。

www.di-mc.com

 

③トレーニングウェアが夏用と冬用がいる

f:id:TBT:20190705185041j:image

外でランニングする場合のデメリットとして挙げられるのは夏に走る用の服と冬に走る用の服の2種類がいることです。夏に走るときは当然半袖で走るべきです。逆に冬に走るときは薄めの長袖でランニングすることをお勧めします。なぜならそうじゃないと始めめっちゃ寒いからです。

 

走っていると冬でも汗をかきますがやはり薄めの長袖で走ったほうがいいです。そうじゃないと外に出たとき凍えてしまうので。なのでトレーニングウェアが最低でも週2回走るとしたら4枚ほど必要になると思います。トレーニングウェアは結構高いので上下5000¥とすると初期費用で20000¥・・・

 

一方のジムだと1年中室温がコントロールされているので冬でも半袖で全然活動できます。私は4セットトレーニングウェアを持ってますがすべて半袖半ズボンです。このように初期のコスト面で考えると室内で走ったほうが良いと言えますね!!

 

 ④信号などでランニングが寸断される

f:id:TBT:20190705185126j:image

 外で走るデメリットは歩道を走っているときに信号で止まらざるをえなかったり通行人や車など避けたりする必要がある場合があることです。これはランニングマシンで走っているときには必ずないことです。障害物がないので走りやすいように作られています。

 

私も経験があるのですがランニングしているときに中途半端に止まるとまた走り出すときめちゃくちゃしんどいです。信号のように自分の意志で止まってない場合は特にイライラしますし障害物を避けるのも他の労力を無駄に使うのでイライラしてしまうのでデメリットと言えますね!

 

ちなみにランニングマシンで走っていると自分の意志でマシンを止めない限りはマシンがストップすることはありません。走ることに集中できますし走ること自体に抵抗がなくなってきたらランニングマシンで走ることを個人的にはお勧めしますね。

www.di-mc.com

 

まとめ

f:id:TBT:20190705185142j:image

いかがでしたでしょうか?私が思う外で走ることのデメリットを挙げてみました。

 

個人的には室内で自分のペースを乱さず、自分の好きなときに走ることをお勧めしています。ただ景色が一切変わらないので人によっては外で走ったほうがいいという方もいます。これはコスト面もありますし上記のことを見て決めていただければなと思います。

 

有酸素運動を続けることは大変です。でも私のように運動が苦手なものでも何年間も続けることは可能です。私からの最大のアドバイスはできるだけ嫌なことの中に小さな楽しみを見つけて取り組むようにしていると長続きするということです。

 

それではこれからも頑張ってランニングを続けて素敵なランナー生活を送りましょう!!

 

www.di-mc.com